ブラック企業の求人あるある

良い求人の見抜き方【求人スコープアイ】

ブラック企業を見抜けないと、ヤバい

求人情報を見る際、できれば2,3週間は同じ媒体の求人情報をご覧になることをおすすめします。
見ていくうちにブラック企業の求人にはある特徴があることがわかってきます。
まず、毎週のように募集をかけている企業は応募しない方がいいでしょう。


求人をかけているということは業績拡大もあるかもしれませんが、辞めていく人が多いことがほとんどです。また「みんな仲が良い」とか「働きやすい」、「優しい先輩」など、職場の環境の良さを全面にアピールしているところも要注意です。辞めていく人が多いゆえに、環境の良さで新人を囲い込んでいる可能性があります。そうした企業に限ってノルマがあったり、残業代が支給されなかったりするのです。辞める人が多いのも無理はありません。


できれば、大々的に募集をしているところよりは、必要な情報だけを掲載している控えめな求人情報をよく見た方がいいと思います。職場の環境なんてどこもそれほど変わらないものです。仕事の内容や、給与面など、働く上で必要な情報さえ書かれていれば応募できるわけですから、自分の希望する条件に合ったところをうまく見つけるようにしましょう

求人情報をしっかりチェックしよう

求人情報誌や新聞折り込みチラシなどで職を探している人に気をつけてほしいことがある。就職してから「こんなはずじゃなかったのに」と早期退職しないために。
会社にもとめるものはそれぞれ違うと思うが、就業時間は案外みのがしやすい。三交代制勤務のある会社の場合は昼間のみ希望しても一定期間(テスト期間等)すぎたあと三交代のローテーションに組み入れられることがあるからかならず確認したほうがよい。


お給料・一見手取りが多そうに見えてもよく読むと当直代金こみや残業代こみなことが多いので細かい字で書かれていることもあるので注意。
交通費・車通勤のひとはよくチェックしてほしい。全額負担してくれるところと一定額まで支給、あるいは交通費もお給料の中にはいってるなんていう会社もあるから(交通費支給という名目で支給なし)確認。


手当・介護福祉士など最近は手当が出るべき職種はおおいが手当の額は会社によって金額がまちまちなので、いくらなのか金額をチェックする必要がある。
よくいわれるのが保険・雇用保険はもちろんだが各種保険にはいれるかもポイントの一つ。
同じような求人で迷ったなら福利厚生を比較するのもよい。会社が社員をどのようにみているか余裕をみる目安にもなる。
新しい職を見つけるのは大変な作業だが転職を繰り返さないためにも求人情報はしっかり見てほしい。【ブラック怖い】